仏壇の一流トップ > 取材手記

取材手記

全国各地の仏壇産地や工房を巡る合間に書き留めました

2016.11.05
東京唐木仏壇の熟練職人と若手プロダクトデザイナーが共同開発「旅する仏壇」
東京唐木仏壇は江戸時代から続く伝統の仏壇工芸。これまで脈々と受け継がれてきた職人の技術が、いま継承するのが難しくなっている。東京仏壇をつくる技術をもった職人の「若手」は60 代。仏壇の売り上げは大幅に減少し、仏壇職人だけでは生活できないのが現状だけに、次の世代を担う後継者もなり手がいない。このままでは受け継がれて技術が失われてしまう――。
伝統的な技術を後世に残し、仏壇職人になりたいという若い人を増やすため、そして、仏壇のイメージを大きく変える。東京唐木仏壇の職人と若手のデザイナーが手を組んで、「旅する仏壇」プロジェクトを立ち上げた。

いい仏壇

ページトップへ