仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 東京唐木仏壇

東京唐木仏壇

唐木銘木を素材とし指物技法によって作られる高級唐木仏壇の代名詞
東京唐木仏壇とは、東京都・埼玉県などで製造される唐木仏壇のこと。1982年(昭和57)に東京都知事から伝統工芸品の指定を受けました。唐木銘木を素材とし指物技法によって作られる仏壇で、高級唐木仏壇の代名詞となっています。

特徴

東京唐木仏壇は、桑・欅・屋久杉などの国内銘木や黒檀・紫檀・鉄刀木など唐木銘木を材料とし、指物技法を駆使して堅牢に仕上げられるのが特徴です。一般的にはあっさりした作りが特徴ですが、豪華な彫り物を使用した製品も数多く製作されています。構造的には剣留、ほぞ組を特徴としています。

歴史

東京唐木仏壇は、江戸時代の元禄年間、当時の江戸指物師が仕事の合間に桑・欅・檜などの日本で産出される銘木で仏壇を作ったのが始まりとされます。現存する最も古い東京仏壇には伊能忠敬家の仏壇がありますが、これは現在の東京仏壇と比較すると簡素な作りの仏壇です。また多摩地区には江戸時代から明治時代にかけて製作された現在の関東型仏壇が残されており、こうした仏壇も東京唐木仏壇は引き継いでいると考えられています。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ